二酸化炭素のこと。

地球温暖化の危機が叫ばれ始めたのは今から30年程前のことです。

その間、人間たちはこの問題を先送りしたり、温暖化なんてまやかしだ!という反対意見が出たりで、なかなか地球全体としてこの問題に取り組むという機運が起きませんでしたが、やっと近年になって各国の政府、さらには全世界の市民たちにその危機的状況が認識されるようになってきましたね。

今私がパソコンでこの文章を書いているこの瞬間にも、使用している電気は石炭火力発電で得られたものかもしれないし、パソコンを生産する際にも多くのエネルギーが消費されているし、私が今住んでいる家だってその鉄骨を作る際には莫大な石炭が燃やされているわけで、私たちの暮らし自体がたくさんのCO2を排出しています。今更言うまでもありません。

近年は温暖化に対して皆が危機感を持ち始めたので、燃費のいい車に買い替えたり、車を使わずに自転車で買い物に行ったりと、皆それぞれCO2排出削減の努力をする人が増えているように感じます。

ところで、皆さんが行っている努力は主に排出を減らす努力であって、大気中のCO2を吸収して減らす努力をしている人は少ないのではないかと思われます。

私は昨年12月に東京のビッグサイトで開催されたSDGs関連の展示会「エコプロ2021」を見学してきました。ちょうどコロナ患者が減っていた時期だったので会場には数万人が訪れていました。

そこでいろいろな展示ブースを見ながら環境関連の最新の技術や、SDGs関連の情報に触れることができたのですが、今回、樹木によるCO2吸収に関する情報を得ました。それは、「木は最初の10年~20年は、積極的に大気中のCO2を吸収してくれますが、それ以降はCO2吸収と排出の量がイコールになる」ということです。(注:これには諸説あります、、、)

つまり、樹齢20年以降の木は大気中のCO2を減らす効果は無いのです。あるのはCO2を固定する効果だけです。

CO2吸収量のピーク時期を樹種別にみると、スギ20年、ヒノキ20年、ナラ10年、カラマツ10年、ブナ20年となります。

かつての里山ではナラなどのどんぐりの木は10年~20年程度で伐採されて、薪炭材やきのこのホダ木として使われていました。

この10年から20年というのはまさに、CO2を積極的に吸収してくれる時期そのものです。

里山や雑木林には「積極的にCO2を減らす。」という意味もあったのですね。(過去形です。今は伐られてないので皆巨木になっちゃってますものね。

せっかく巨木になったのだから家具などに利用できたら良いんだけどなあと思います。

(注:樹齢とCO2吸収量に関しては諸説あるようで、違う学説もありますが、今回の展示会では環境庁と林野庁のブースでこの情報に接しました。)

Follow me!